単回収332%の買い方を公開

単回収332%の買い方を公開

ギャップ馬本館と別館のご利用者様には
メール送信をすでに行いましたが、
メールが戻ってきている方もおられましたので
ブログでもお知らせをさせていただきます。

ギャップ馬本館と別館に『調教判定活用』という
ページを作成いたしました。
サイドメニューを見ると『調教判定活用』があります。

これは調教判定▲以上(▲or○or◎)の時に
坂路時計がどうなっていると好成績なのか?という
特徴を掲載したものです。

例えば、調教師A氏が調教判定が▲以上の場合に
坂路時計が○○~○○秒の時の狙い目ということです。

最近低迷しているが1000勝調教師の某氏が
単回収332%のパターンがあったり
西○調教師の馬を買うなら、これしかないだろ
というような31勝 単152%の傾向など美味しいものを
掲載しておきましたのでぜひご確認ください。

http://hah.xsrv.jp/commu/user_login.php


ちなみに、以前書いたネタですが

・調教判定▲以上(▲or○or◎)
・牝馬以外
・栗東坂路52.9秒以下

という条件ですが、
2010年 勝率15.2% 単回収122%
2011年 勝率13.0% 単回収119%

1番人気を除くと
2010年 勝率8.6% 単回収124%
2011年 勝率9.3% 単回収130%

単オッズ10倍以上だと
2010年 勝率5.1% 単回収147%
2011年 勝率4.5% 単回収161%

2年間トータルで、500万下と1600万下クラス以外
全クラスでプラス、重賞では勝率10.8% 単回収145%

ギャップ馬&反動ギャップ馬とも一致すると
勝率7.7% 単回収470%

ということで、年間トータルで安定しています。

ちょこちょこ書くのですが、調教判定該当馬と
栗東坂路の速い馬だけを狙ってると
そこそこ当たって、結構利益が出るんですね。


私のTARGETには、上記のような馬は
予想コメント欄に「買坂路」って入れていまして
開催前夜の作業の定番になっています。

仮にこれからギャップ馬別館を利用しようかと
検討されている人は、自分自身の使い方が出来てくるまでは
最初に書いた厩舎別の狙い目や、単純に後者の方の
年間120%前後、人気薄だと150%前後の単とか馬単を
コツコツ買いつつ、平行して自分の使い方を見つけてくださるのも
1つの方法かなぁなんて思いました。

まぁ調教判定は多くあるファクターの1つでしかありませんから
他のファクターから狙い目を探っていただきつつというのが
一番良い形だとは思います。

http://gap-gap.com/gapex/index.html

 

2011年9月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記