2010年4月の記事一覧

惜しい

惜しい2~3着が本当に多い、馬券内にはバンバン低人気が来るが

もう1息で勝ち切れず、まぁ朝から高配当の単が出たので贅沢は言えないが

少しの紛れで何本も単が入っていると思うと悔しさも。

 

最近騎手の差が顕著になってきている。

天才と騒がれた若手は、あれだけ荒い競馬をするハートがあったというのに

最近は何をしているのか?という競馬が妙に増えてきている。

1年目の若手でももう差は出ているように思うし、また2流半で終わったように思っていた騎手が

最近好騎乗をすることも増えてきている。

 

やはり上手い騎手や、勝負してくれる騎手には突っ込めるが

そうでない騎手には100円でも賭けたくないと言うのが本当のところ。

最低でも全力で騎乗してほしいと思う、それだけこちらも全力で馬券に向き合ってますからね。

騎手の「やーめた」でそれをぶち壊しにされるのはおかしいですから。

2010年4月25日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

やはり春はいいのだろうか

昨年春は正直入れ食いだったギャップ馬。

毎週笑いが止まらないという状況でしたが、今年もやや良化気配。

如何せん、運営開始後にルール違反をした会員さんや、今一オッズが動くことの理解が疎い人のために、頭数を大幅に増やしているので回収はやはり驚くような日が無い。

実際問題、そうなる前のギャップ馬、要するに初期の厳選はすぐに上向いたので

やっぱりギャップ馬来てるなぁと思う反面、それを出し切れないもどかしさとの戦いがある。

 

これは今年の春中には、絶妙のバランスで頭数を1割減らして様子を見て

成功すれば2割減らして・・・としていきたいと思う。

 

流石に、今いる会員さんの中で「オッズなんてしらんよ、俺が何ぼ買ってもオッズが下がらないようにしろ」みたいな、私がオッズを決定していると思うようなレベルの人はいないだろうし

多くの会員さんが、昨年の秋ぐらいの時点で、こちらの出したデータを見たことで

明らかなオッズ低下、それも数倍じゃなくて平均で20倍前後というのを理解してくださっているので

恐らくちゃんとこちらの意思を感じて協力してくれると信じれる自分がいる。

 

だってね、同じ馬をみんなで買うんだから協力は必要なんですよ。

別に仲良しこよしということではなくて、儲かるならそうしようと思うぐらいのがめつさが無いと駄目という話なんです。

今が昨年の夏なら、100%プラス収支ですからね。

20倍下げてるのに、プラスの月がちゃんとあったり、ダートなんてかなり実は良い成績だったので

下がった分を補正したら、過去にないぐらいギャップ馬の収支は良かったはずです。

普通、平均20倍下げた理論はもう破綻、トータル回収で50%を割ってもおかしくないのですが

夏の入り時点では100%前後推移の区間もあったので、本当に勿体なかったと思います。

 

で、あの分母数を抱えてプラスを目指すとなると、今年が去年以上に良くないといけない。

去年良いというのは、オッズ低下分を補正した場合の結論としてですが

じゃあ、今の頭数でどうなの?ということを思うわけです。

1000頭で勝ち馬100として、オッズが1頭3倍下がったら

300倍のマイナスと、投資した頭数の負け分が一生背中に乗るわけですからね。

 

ただ、1年前に戻れたら・・・とは思いません。

仮に戻れたら、多分運営してないでしょう(笑)

もう1年自分で使って、荒稼ぎしたんじゃないかと思います。

 

もうそろそろ新しい1年が始まります、そこで上手く会員さんの舵取りをして

前進していかないといけないですし、あまり障害は無いというか

今の規模では海賊に襲われることもまずありませんからね(笑)

最初は、コンテンツを始める前の大きな土台があり、あれは目立ってましたから

豪華客船に見えて攻撃されましたけど、今は小さな舟ですから。

いくつか海賊の人質もいますので、これでようやく普通に運営させていただけるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2010年4月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記