2010年3月の記事一覧

同業者さんには関係ないかなの巻

嬉しい事だと思うのですが、私のメルマガの読者さんは

競馬サイト運営者や有料コンテンツの運営者、予想屋、競馬商材販売者まで

結構多くの人が見ておられるようです。

何か商品を出したり、ギャップ馬のスタート時でもそうですが

申し込みされた方のお名前やアドレスを一応念のために調べることがあるのですが

予想屋さん、競馬商材販売者(の中でも面識も交流も無い人)さん

また、無断転売や流用を裏でしていることで「業界で有名な」アフィリエイターさんや

ブラックリスト入りしていると噂になっているような危険なお客さん(対話がほぼできないレベルの人)

 

というのが、次から次に出てこられます。

もちろん、発見した時にはお断りをさせていただいておりますが

「おーい、それ俺が先日メルマガで書いたままのネタじゃん」みたいな物で

商品を売っている人とかは、信用して利用していただくわけにはいかないのです。

 

まぁ、馬券のプロと言っている方々がそうやって気にして見ているというのは

考え方によっては誇らしい事なのですが・・・。

参考にしようとしているなら、うちを見るのは間違いです。

内容的には、真似することはまず不可能ですし、ビジネス的には参考にしても意味が無いでしょう(苦笑)

私とPさん、このコンテンツが誰かの脅威になることもありませんからね。

 

損するだけです、恐らく。

 

2010年3月19日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

PVG

Pさんの、単勝特化版のギャップ馬、

竹内ギャップ馬やPギャップが、来る時は1日中来るが来ないと1頭も来ないという波が荒い反面

このPVGは安定感が強く、大きく崩れることが少ない事が特徴。

 

ここを中心に馬券を買い資金をコツコツ動かして、ここぞと言う時の勝負もできるコンテンツ。

PVG Pギャップ ギャップ 儲軸 TARGETコメントの◎が沢山・・・

なんて奇跡の1頭を見つければ、大チャンス到来というところでしょうか。

 

PさんのブログではPさん流の使い方も掲載されてます。

http://gap-gap.com/ristorante/

 

彼無くしては成り立たないコンテンツです。

 

 

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

TM指数

Pさんの高精度な指数。

TM軸馬は馬券率が高く、その馬から馬券を組み立てれば良いという目安になりますし

TM消し馬は、馬券になる確率が数%という馬なので、余程のことが無ければ切れますし

TARGETコメント等と合わせて、切る 残す 買う の目安になります。

馬券を組み立てるのはギャップ馬だけでは無理なので、様々なロジックを用意してますが

あればある程、競馬は実は有利なのです。


貴方の馬券、運任せの部分はありませんか?

自分が勝った馬、調教が悪いとかTM指数が悪いとか、そういう部分は運任せになっているということです。

多いと駄目は面倒だから、それ以外の理由はありません。

フィルターを多く持てば綺麗な水が作れます、そんなフィルターになるTM軸とTM消し馬です。

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

TARGET用コメントファイル/コメント

調教師の得意な調教や、馬の爆発力、馬と騎手の脚質の相性、騎手と調教師のコンビ、

展開からの爆発馬、コース別の特定の付加条件、騎手別の付加条件、等

回収率が高い物だけを集めたオリジナルのコメントです。

TARGETに取り込めるほか、テキストで見るタイプもあり2種類提供してます。

以下のように取り込めます、これは分かりやすいレースの例、

t12.jpg

調教判定が良く一変しそうなナニハトモアレ、2着はギャップ馬で調教▲、3着も調教判定が良い。

36万馬券でしたが馬券的にはド本命ぐらいの感じで買えました。

 

コメントを大切に保存していけば、前走との変化も分かるので

それだけで穴量産機になります、私の宝物の1つです。

 

 

 

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

儲軸

通常軸馬は信頼度重視です。

それを、回収率重視で信頼度も並みにある軸馬ということで自分が使っていたものを

コンテンツの一部としております。

1日中馬券になることもありますし、高配当がこちらから出る場合もあります。

 

単純にギャップ馬と組み合わせて使うとそこそこ当たる上に高配当も出ます。

4~5日回収率が100%連続で超えるという爆発力もあるので

成績が悪い後の反動狙いにも実は使えます。

そうやって使う人はメールを見ていると案外多いみたいです。

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

ギャップ馬の小話

このコンテンツは、ギャップ馬のブーストした買い方をまとめた物。

「そんなのなら最初から反映させろ」と思う人もいるでしょうけど

多少はやった物が勝つ部分がある方が良いと思います。

それにオッズも被ってしまいますから。

 

後は、やはり1分2分で回収が10%変わることがある時に

即座にやる人はギャップ馬を使わなくても、勝てる人なんじゃないかとも思います。

 

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

ギャップ買い目

ギャップ馬は大穴で2~3着と言うことも多く、単だけでは勿体ないので

機械的な買い目を追加したコンテンツ。

追加して即座に高配当連発してましたが、これは1つの使い方の形をデジタル化しただけのこと。

 

ギャップ馬が単特化なので単で買う人は正解なのですが

前提がそこなので、100倍近いギャップ馬が2着に来ても「テメーふざけんな」ぐらいの感じになってしまっていくものなのです。

もし単特化と説明して無かったら、凄いと思うでしょうし、馬券も取れていたということもあるはずです。

 

そこで、買い目を追加することで勿体ない取りこぼしのフォローができるようになりました。

また、単だけだとオッズ低下しますので、買い目分散のためでもあります。

100倍の馬が1倍の馬にハナ差で負けて、糞と言われるのも切ないですので。

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

竹内予想

オマケ的なコンテンツとして、ギャップ馬から1頭選んで予想してます。

今の集計で、83頭予想して29頭馬券内のようですが、人気考えれば上等かなと思います。


なるべくギャップ馬を予想する時は、アナログ感覚を多く取り込みます。

ギャップ馬がデジタルで自動的にでるで、その他の要素は自分でやるしかありません。

昨日はナンヨスラッガーが軸、決め手あるが勝ち切れず、今回の面子では

上位と能力差が無いことや、幸騎手になるので焦って騎乗するから馬にちょうど良いという読み。

仕掛けに焦るどころか先行しましたけど2着確保。

ここがデジタルでは出ないことです。

馬が溜め過ぎより焦る方が良いという判断、それに対して幸騎手はじっくり溜めれる騎手じゃないので仕掛けはいつもより早くなるという部分は、機械的には出ません。

 

そういうことを意識して予想させていただいております。

できれは、そういう部分の知識とか判断の良いところは今後も参考にしていただきたいです。

悪いへたくそな予想の日は、参考にしないようにお願いします笑)

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

ギャップ馬 (P)

Pさんのギャップ馬を紐にしていて助かった回数は数えきれません。

面白い物で、ほぼ同時期に偶然お互い同じ発想で馬券ロジックを作っていたのが

ギャップ馬というロジックでした。

違うのは、自分のは単を中心に、Pさんのは複を中心にというところ。

 

ただ人気より実力があるという判定の部分は同じですから

2つか被った時の魅力は高いですし、たぶん2009年で同じ10万馬券を10本以上取っていると思います。

70万ぐらいの配当になると、どちらかが当てているがということが多いんですけどね。

まだ二人で使っている時は、ギャップ同士の馬券が狂ったように来ていたので

二人して配当の感覚がおかしくなって、5万馬券ぐらいで安いとか文句言ってたぐらいです。

複勝特化ということは、ワイド、3連複はもちろん3連単マルチの軸でも使えるわけで

単のみというよりむしろ万能な面があると思います。

1~3着が、という馬券が好きな人はPギャップがおすすめです。

2010年3月16日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

ギャップ馬 (竹)

無念なことにトータルでマイナスになっているが、巻き返していくだろうという予測。

やはり、頭数が多いだけに1頭3倍下がったら勝ち馬1頭につき3倍損するので

それが解消されたので何とかなると思って普通かと思います。


もちろん、その他の負け要因として1着160頭に対して2着164頭、3着256頭と

もう少しでいいので2~3着が頑張ってくれればいいのですが

関東に関しては内田と横山が勝ち過ぎていたので、完全に巻き添えを食った形。

何ぼ人気が過小評価でも、1番人気が完璧以上の競馬をしたら勝てないわけです。


高配当の馬が馬券になる度合いで言えば高いのですが、単に強いギャップ馬なので

昨年の春みたいに芝で入れ食い状態になれば、上昇するのではないかと思われます。


他のコンテンツと複合して使えばほぼ完璧なので、そういう部分でも今後は期待できるでしょう。

嵌る日は朝からずっと嵌りますが、全レース堅い日は無くなりませんからね。

 

 

 

2010年3月14日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

ギャップ馬というコンテンツ

悲しいかな、開始直後はトラブルも多く、オッズに関して・・・成績が良かった次の人は特に変動がありました。

盲点だったことは、オッズが投票で動く、それも数十人が数千円入れれば

午前中のレースでは結構動くという説明を理解していただけない会員様もおられました。

あまり、他の予想会社や競馬コンテンツでは金額の上限なんて決めてないみたいですし

1000人の会員が全員七百万馬券を的中したとか言う会社や、それを真に受けれるレベルの人も実際おられるわけですから、仕方なしな部分もあったでしょう。


現在、ギャップ馬はトータル的なコンテンツになったと思います。

軸馬、切り馬、ギャップ馬、調教や馬の変化の度合い、騎手と馬の相性等

2010年の馬券を考えることができるようになってきました。


馬券ファンのレベルが上がっていることで、1本の矢どこか3本の矢でも折れてしまう。

毛利元就もびっくりです。

私、Pさん、2008~09年でどんだけギャップ馬で儲かってたか。

それがやはり様々な変化に影響を受けました。

内田と横山の両騎手に何百頭負けている、これもこれまでなら横山騎手がここまで調子が良いことは少ないですし、内田騎手の存在もなかったわけです。


なので2010年、変化が必要でした。


運任せは嫌、買う馬の裏側が表か裏か、エースかジョーカーか、天使か悪魔か、
こんな運に身を任せない方法を提供したくなりました。

自分の理想的には、この3月からのコンテンツ類を合わせて50%ぐらいの満足度。

まだまだ、やれることは多々あるだろうと思ってます。


嬉しい事に、元々の会員様、新規の会員様、メールを沢山いただきまして

運の要素という意味が分かったと言っていただけました。

手持ちの理論も生き返りそうだという声もあり、これも大変嬉しい事です。


恐らく、私のメルマガを読んで無い人はスンナリ利用できずに悩むと思いますが

特に今年は、読者様の運を小さいながらも1つ1つ消すような内容を書いてきましたし

この「運」の話題は何度も出してきました、その甲斐があったと感じます。

 

台風が来ているのに、空港へ行って欠航で「運が悪かった」とか、こんなのは運じゃないって思うでしょう?

でも、情報を得てない人、得ようとしない人はこれは運です。

しかし、ニュースを見る、台風の進路や風速を見る、便の時間を考える、等していれば

いや、空港に聞けばわかることでしょう(笑)

そうすれば、運もへったくれもありません。


運とか、運命運勢は日本人は好きな方ですよね、占いとかも。

私も嫌いじゃないですし、結構信用しちゃう方なのですけど

馬券に関しては、運を無くして行くこと、これをポリシーにして行こうと思ってます。

 

2010年3月14日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記

開催時間中の返信について

新規お申込みをされた場合、通常自動的にメール返信が届きます。

そちらにパスやIDが掲載されております。

稀に、メールが会員様側の迷惑メールフォルダに入ってしまったり、自動削除などを設定されておりますと届かないままとなってしまいます。

それらにつきましてのメールは、通常24時間以内でご返信しておりますが

開催中のご返信はできかねますのでご了承ください。


また、メールについては念のためにinfo@gap-gap.com と info2@gap-gap.comの

2か所へお送りいただけますと、私もしくはP氏のどちらかの手が空いていれば返信もその分迅速に行えます。

 

2010年3月13日|

カテゴリー:お知らせ

追加コンテンツに関して

追加されたコンテンツは、左のバーの「利用希望者は~」というバナーをクリックしてください。

かなり色々追加されました、追加分はギャップ馬エクストラというジャンル分けをしてあります。

よろしくお願いいたします。

2010年3月12日|

カテゴリー:お知らせ

心機一転

ギャップ馬というコンテンツを更に大きくする為に、多くの内容を追加した。

メルマガモンスターオッズにも書いたが、競馬の運というのをどこまで排除できるかという勝負をするためというのが理由の1つ。

競馬の運というのは、1つのロジックの買い目なりなんなりを使う場合において

その他の競馬の要素というのは運になってしまうことにあります。

単純に言えば、騎手がこのコースに強いから買うという理論があったとした場合

調教が良いか悪いか、調教師が捨て調教か勝負調教か、指数は高いか低いか

馬はコース適性があるのかないのか・・・等、これらは全て運になってしまう。

ギャップ馬もそれに漏れずです。

極端に言えば、ギャップ馬が1年間全て調教が良いなら好成績だろうし

全てロバのような調教なら成績は悪くなってしまう。

もちろん全てを網羅することは自分にはできないのですが、出来るだけ多くそういう運の要素を排除しようという物が今回の追加要素となった。

自分は元々使っていたものなのですが、調教や騎手調教師のコンビ、馬の爆発力や、騎手と脚質等

10個程度の付加要素を回収率が高いか低いかで判定したコメントがそれです。

色々なことがあったギャップ馬、無料時代から色々ありましたので

神経質になり過ぎて、神様でもできないような確実を求めすぎましたし

他の声に敏感になりすぎてしまってましたが、ある部分では力を抜いて

力を抜きつつ、内容はグレードを上げるという考えにいきつきました。

色々言われても、会員様が0人になることはありませんし

会員様とのコミュニケーションも9割が他の人とはまともに取れるようになりました。

会員様の中で馬券に対する知識の差はあります。

方や、オッズが投票額で変わることが分からない人もおられましたし

方や、私より遥かに知識は豊富な方もおられます。

ですが、私、Pさん、会員様、馬券を買う人間であれば必ず役に立つコンテンツですし

更に上を目指していこうと思います。


価値が無いと思えば使わなければいいことです。

価値があると思えば使っていただければと思います。

価値があると思うのでコンテンツにしてますし

価値が無くなったと思えば閉鎖します。

考え方はシンプルです。


総合的なサイトに生まれ変わったギャップ馬、頑張ります。

2010年3月12日|

カテゴリー:竹内ギャップ日記